top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

モダンインテリア:スタイル、アイデア:アールデコ、ネオクラシズム、ハイテク|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > モダンインテリア:スタイル、アイデア:アールデコ、ネオクラシズム、ハイテク


モダンインテリア:スタイル、アイデア:アールデコ、ネオクラシズム、ハイテック


ネオクラシック、ハイテク、アールデコなどのモダンインテリアのスタイルについて、ルームプランナーブログでそれぞれのスタイルの特徴を紹介した記事です。


モダンインテリアとは?


モダンインテリアは、進化し続けるコンセプトであるため、他のスタイルに比べると定義が簡単ではありません。その核となるのは、モダンアートをモダンインテリアのデザインに取り入れることです。


そのルーツはスカンジナビアやドイツの建築やデザインにあり、シンプルで飾り気のないコンセプトで知られています。アースカラーを多用し、モノトーンに重点を置き、場合によっては白を基調とした部屋もあります。また、家具や建具、あるいはアートなど、構成要素に複雑なディテールが施されていないことも特徴です。

モダンインテリアの家具は、必ずと言っていいほど脚が露出しています。チェアもオットマンもソファもそうです。


モダンインテリアの家では、さまざまな素材が使われることが多い。ただし、アースカラーに限定されます。

  • 革(模造または本革)。


他の類似スタイルとは対照的に、モダンハウスのインテリアは美的感覚よりも実用性や目的に重点を置いています。

モダンハウスのインテリアデザインは、ミニマリズムを多用し、すっきりとした直線的なラインが特徴的です。しかし、ミニマリズムのインテリアにはない温かみがあります。それは、ブラウンやグリーンなど、温かみのあるアースカラーをバランスよく取り入れているためです。


モダンなインテリアは、オープンスペースの概念を取り入れています。壁や仕切りで仕切られていない、半独立した空間が多いのも特徴です。例えば、キッチンとダイニングが隣接していたり、リビングルームがエンターテインメントスペースに続いていたりします。

その結果、閉鎖的な空間でありながら、風通しがよく、圧迫感のない空間が生まれます。


モダンなアールデコのインテリア


アールデコとはArts Décoratifsの略で、1925年にパリで開催された国際装飾・産業美術博覧会(Internationale des arts décoratifs et industriels modernes)に由来しています。アールデコのデザインは、クラシックとモダンを融合させ、現代と贅沢の架け橋となるものです。アールデコのインテリアデザインは、職人による精緻な技巧が特徴です。


アールデコのデザインは広く知られていますが、その中には時代を超えて愛される要素もあります。

その代表格がステートメントミラーです。メタルフレームに重点を置き、特に磨き上げられた輝きを放つミラーは、幾何学的な形状のバリエーションが豊富です。


アールデコのデザインには、魅力的な幾何学模様が欠かせません。ピラミッド、砂時計、円錐など、三角形をベースとした形は、特にベースやスタンドとしてよく使われます。ダイニングテーブルやコーヒーテーブル、そしてシーティングに取り入れると、アールデコを取り入れたことを大胆に主張することができます。


このスタイルの多くは、20年代の狂乱の時代をルーツとし、派手で威厳のあるスタイルです。このスタイルには、ゴールドの輝きと光沢が欠かせません。ゴールドをアクセントにした装飾品や家具は、自然な形でフィットします。さらに、ドリンクカートなど、1920年代を象徴するアイテムと組み合わせれば、その効果は絶大です。


アールデコには繊細さがないので、どの家具も大きな面積を占める必要があります。大胆なブロックカラーの特大ソファは、できればチーク材などの重厚な無垢材を選びましょう。

また、アールデコのルーツに思いを馳せるなら、当時のスターを描いたモノクロプリントの家具がおすすめです。もちろん、フレームは大きく、金メッキを施した堂々としたものを選びましょう。


ネオクラシックスタイル - 貴族スタイルの新しい読み方

新古典主義のインテリアデザインは、古典的なインテリアを現代的に再解釈したものです。典型的な新古典主義のインテリアは、明るくも落ち着きのある色彩に溢れています。家具はもちろん、幾何学模様のモザイクが施された寄木細工の床にも、木がふんだんに使われています。


また、新古典主義のデザインで建てられた家には、本物であれ、模造品であれ、暖炉があるのが一般的です。

上を見上げれば、新古典主義の空間は、白いマットかサテンの表面で、シャンデリアの周りに装飾的なロゼッタで飾られていることもあります。壁は、直線的で整然としたブロック状のパネルです。また、花のモチーフで柔らかさを表現するデザイナーもいます。


ネオクラシックデザインは、その伝統に忠実に、ほとんど自然素材のファブリックを使用しています。ドレープカーテンもフロアカバリングも、そのコンセプトは同じです。カーペットは大きすぎない方がいい。カーペットの大きさはあまり大きくせず、オブジェやエリアとのシームレスな仕切りとするのが理想的です。

照明は、新古典主義のインテリアを演出する上で重要な役割を担っています。

  • シャンデリア

  • アシンメトリーに配置された複数のフロアランプ。

  • 精巧な燭台。


シャンデリア、アシンメトリーに配置された複数のフロアランプ、精巧な燭台など、すべてが一体となって空間を演出しています。ベッドルームでは、大きくてエレガントなベッドが欠かせません。ベッドルームでは、大きくてエレガントなベッドが不可欠です。ベッドの上には、凝ったフレームの円形ミラーや、人目を引くアート作品を飾るとよいでしょう。天井の中央には、派手なシャンデリアや大きな茎のある照明器具を置くとよいでしょう。


ハイテック - テクノロジーの美学

ハイテクデザインのインテリアは、当然ながら20世紀後半のテクノロジーブームの中で生まれたものです。最先端の弾力性のある素材に頼って、機能的で、通常は以前のものよりコンパクトなオブジェを作ります。


プラスチック、金属、ガラス、クロームなどが多用され、近未来的な印象を与える。表面は常に滑らかで、何の特徴もありません。多くの建具や什器は、機能的な要素を隠しパネルの後ろに隠していることがあります。家具はミニマルで機能的、かつ幾何学的な形状のものが多く使われています。

ニュートラルカラーの明るい色調。

  • コンクリート。

  • ベージュ

  • ライトグレー

  • クリーム色


ハイテクスタイルの壁に最適です。ガラス、透明ガラス、すりガラス、金属、鏡などは、テーマと調和しながらも、より大きな空間を演出することができます。

フローリングは、素材にかかわらず、光沢のあるものを選ぶとよいでしょう。

  • 無地。

  • ビニルタイル

  • 磁器石器

  • ラミネート。


どれも有力な候補です。織物の床材がないのが理想的です。プリントや装飾も避けましょう。ハイテクデザインの最先端の個性に合わせて、床を温度調節できるように設計することもあります。


また、ネオンを使ったハイテクサインを飾る人もいます。また、SF映画のポスターやオフィシャルグッズを飾ると、空間が華やぎます。ただし、このような空間は、過剰な演出をするとうまくいかないので、最小限にとどめましょう。



ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:49回

Komentáře


bottom of page