top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

インテリアにおける空間計画|ルームプランナーブログ


インテリアデザインにおける空間計画


インテリアデザインにおいて、空間を適切に計画することは、どれほど重要なのでしょうか。空間を計画する際に陥りがちな明らかな間違いとは何でしょうか?このスペースプランニングのブログ記事では、そんな疑問にお答えします。


インテリアデザインは常に進化していますが、基本的なことは変わりません。その基本のひとつが「スペースプランニング」です。スペースプランニングとは、ある空間がどのように使われるかを徹底的に分析することです。


この記事では、スペースプランニングをわかりやすい言葉で説明し、実際のプロジェクトにどのように適用するかを紹介します。


インテリアデザインにおけるスペースプランニングとは?


スペースプランニングは、実際のインテリアデザインのプロセスの前に行われるもので、インテリアデザインのための計画です。住宅空間のインテリアには、それぞれ固有の要件があります。ルームプランニングは、インテリアデザイナーが部屋の目的、機能的要件、レイアウトを遵守することを保証するものです。


この3つの要素は、時にクライアントの好みのスタイルと相反することもあります。インテリアデザイナーは、スペースプランニングの原則を適用して、最適なデザインとクライアントのビジョンの間のギャップを埋める必要があります。


始める前に、以下の4つの基本を考慮に入れてください。


1. 空間のカテゴリー

ほとんどすべての空間は、次の3つのカテゴリーのいずれか、または複数に分類されます。

プライベート - 寝室など、プライバシーのために確保された空間。

ソーシャル - ラウンジやダイニングルームなど、社交の場となるスペース。

ワーク - ホームオフィスなど、仕事をするためのスペース。

場合によっては、収納-クローゼットなど、物を保管するスペースも含まれる。


2. 主な目的

上記の4種類の空間は、それぞれいくつかの活動に利用することができます。例えば、寝室は大人用、10代用、未就学児用、収納スペースはパントリーやウォークインクローゼットなどです。

それぞれの用途に応じて、インテリアデザインは変化します。また、照明や床材(清掃性や安全性)、他の部屋への出入り、建物の外部への出入りなども考慮しなければなりません。


3. 副次的な目的

多くの空間には、複数の目的があります。インテリジェントなインテリアデザインは、これらの目的を互いに比較検討し、一次的なニーズと二次的なニーズの両方を満たすことができます。

例えば、キッチンのテーブルは、しばしば子供が宿題をする場所と兼用されます。この場合、ダイニングテーブルがメインとなりますが、照明を2トーンにすることで、より明るく、勉強しやすい環境をつくることができます。


4. 動線パターン

ドアの位置、家具やその他の機能的・装飾的なアイテムの配置を考える。また、人がいない場所の大きさ、形、配置についても考えてみましょう。

例えば、ホームバーの周りには、ゆったりとしたオープンスペースが必要です。ダイニングテーブルの周りは、ほとんどの人が座ってじっとしているため、あまりスペースを取らないようにします。


スペースプランニングの目的と目標


空間計画は、インテリアデザインを人間らしくするものです。堅苦しい理論や理屈ではなく、「実際に使えるか?どうすればもっと良くなるのか?


また、それを使う人の心理的なニーズも考慮します。そのための要素のひとつが、「まとまり感」です。よく計画された空間は、「タイムアンドスペースデザイン」と呼ばれるように、形と機能が統一され、あるエリアから次のエリアへと流れていきます。


スペースプランニングは、デザインプロセスに秩序をもたらします。どんなに優秀で経験豊富なインテリアデザイナーでも、明確なプランニングがなければ、重要なステップを見落とす危険性があります。後から考えれば当たり前のことなのですが、それでも起きてしまうのです。


多くのインテリアデザイナーは、クライアントとの対話を楽しみながら空間づくりを進めています。しかし、クライアントが一番大切なのです。空間計画の段階での共同作業は、あなたの思考過程とデザイン上の決断に光を当ててくれます。


インテリアデザインにおける空間計画の5つのステージ

この5つのステージは、基本的なコンセプトから、デザインする空間の詳細な概要までを説明するものです。あなたのビジョンがどのように現実のものとなっていくのか、シンプルなワークフローを構築します。


ステージ1 - プランニング

成功するプロジェクトは、実現可能な、考え抜かれたプランから始まります。まず、上記の4つの基本事項を確認します。次に、クライアントの要望や好みをメモします。この2つのリストの重なりが、効果的なスペースプランニングの基礎となるのです。


ステージ2 - ラフマップ

次に、設計する物理的な空間について考えてみましょう。まずはフロアマップを作成しましょう。ラフなものでも構いません。4つの基本原則に基づき、あなたのアイデアをマークしてください。そうすることで、各スペースのコンセプトが明らかになり、デザインプロセスのガイドとなります。


ステージ3 - コンセプトユース

コンセプトユースでは、床面積、レイアウト、テーマなどの物理的な側面を設定します。隣室や隣接する部屋の相対的な大きさ、配置を検討します。例えば、寝室やワークスペースは、テレビやビリヤードなどのソーシャルスペースと隣り合わせにしないこと。


ステージ4:サブスペース

次に、各主要スペースをサブスペースに分割します。サブスペースは、そのエリアの一次、二次、三次の目的によって決まります。例えば、ホームオフィスには、ワークエリア、ファイルキャビネットの収納スペース、そしておそらく簡易キッチンがあります。


ステージ5:ディテール

次のステップは、ディテールの追加です。ホームオフィスのシナリオをもとに、直線的なテーブルかL字型のテーブルかを決めるときです。棚がいいのか、ファイルキャビネットがいいのか。キッチンはシンク付きにするか(必要な配管も)?


基本的なスペース計画のヒント


ここでは、ほぼすべてのプロジェクトに適用できる、スペース計画のヒントをいくつか紹介します。


  1. 既存のものを使う - すべてを変える必要はない。もし何かがうまくいくなら、それを使い、補完する。

  2. 選択肢を持つ - すべてのスペースを埋め尽くそうとしない。空いたスペースは、より大きな声で話すことができます。

  3. 動きのある空間 - 実用的な空間は、部屋に調和のとれた流れをもたらします。

  4. 眺望 - 隣の空間や外の景色が遮られることなく見えることが望ましい。


分割統治(Divide and conquer)の原則を忘れないこと-壁、家具、カーペット、ショーピースなどで広い面積を分割する。


インテリアデザインにおけるスペースプランニングの効果


優れたインテリアデザインには、空間計画が欠かせません。クライアントの満足度を高め、業界で名を馳せ、ビジネスの幅を広げたいと考えているのであれば、これは非常に重要なことです。


また、自分の技術を磨く機会にもなります。クライアントから質問を受けることで、自分の視点を見つめ直し、考え直すことができます。クリエイティブな仕事に携わるプロフェッショナルにとって、それ自体が報酬なのです。


ですから、今度クライアントから「スペースデザインとは何ですか」と聞かれたら、ここで学んだことを思い出して、それを応用してください。そうすれば、実用的で、生き生きとした、美しいインテリア空間ができあがり、クライアントにも喜んでもらえるはずです。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:133回

Comments


bottom of page