top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

Mirrors in the interior of the rooms | Room Planner Blog

Room Planner > Blog > Tips & Tricks > Mirrors in the interior of the rooms

お部屋のインテリアに鏡を|ルームプランナーブログ

家のさまざまな場所のインテリアに、鏡はどのように活用できるのでしょうか。ルームプランナーのブログで、自宅で鏡を使うためのヒントや面白い解決策をすべて読んでみましょう。


インテリアに使える鏡の種類

鏡は、無限の可能性を持つインテリアのエレメントとして、デザイナーに愛されてきました。何世紀も前の美しい家も、現代の素晴らしい家も、インテリアミラーを使うことで統一されているのはそのためです。

時を経て、ミラーのデザイン、種類、用途は進化し、拡大してきました。今日、デザインミラーを探しているインテリアデザイナーは、選択肢のために台無しにされるでしょう。ここでは、インテリアデザインに最適な鏡の代表的なものをいくつかご紹介します。

平面鏡 - 平面鏡は、様々な形状で来ることができる基本的なミラーですが、通常は正方形、長方形、円形、または楕円形です。フレームは薄くてシンプルなものから、精巧で細かいものまであります。

LEDミラー-LEDミラーは、デザインにLEDライトを組み込んだものです。通常、鏡の縁に沿って配置されています。 LEDミラーはベッドルームに最適で、ドレスアップに重宝します。

装飾的なミラー - 装飾的な壁のミラーのデザインは、通常、形状やパターンを形成するために配置することができるいくつかの小さな鏡のセットとして来る。それらはミラーの従来の使用として少し価値を持っているが、創造的に置かれたとき視覚で驚くほどである場合もある。

アンティークミラー - アンティークミラーは、本物のものは非常に高価であることができるように、または実際にアンティークでないかもしれません。これらのデザインの鏡は、通常、非常に精巧なフレームを備えています。真鍮のような素材でできているものや、塗装が施されているものもあります。

スタンドミラー - スタンドミラーは、専用のスタンドが付属しているものです。このミラーは、ほとんどの場合、全身が映るサイズです。ドレッシングを支援するためにベッドルームのために支持されながら、その大きさとデザインは、家庭内の任意の部屋に大きな付加を作ることができます。


家の中のさまざまな場所でミラーを使う

鏡はインテリアの中でも非常に汎用性の高いツールで、家の中だけでなく、外にも面白いアクセントを加えることができます。


リビングルームの鏡のアイデア

リビングルームは、通常、最も興味深い装飾品で構成されています。鏡は、すでにあるテーマやパターンを補完するために使用します。例えば、六角形のインテリアミラーは、ジグザグ模様のクッションやキュービックなモダンアート、同じような形のテーブルと相性がよいでしょう。


ベッドルームミラーのアイデア

ベッドルームに欠かせないのが、全身を映すスタンドミラーです。ドレスアップに最適なだけでなく、大きな鏡は光の拡大鏡としても活躍します。また、大きな鏡は、ベッドのヘッドボードの上に横に長い鏡を置くなど、工夫して使うこともできます。


バスルームミラーのアイデア

バスルームのミラーをデザインする人は、通常、窓がないことを考慮に入れています。そのような場所では、鏡を使って光と空間を増幅させることができます。そのためには、できるだけ大きな鏡が必要です。LEDミラーは、洗面台の上に設置すれば、どんなときでも身だしなみを整えるのにぴったりです。


ホームインテリアの壁掛けミラー

壁は真っ白なキャンバスであり、鏡はその絵の具になり得ます。ビクトリア朝様式の巨大な鏡は、窓のように見えるので、狭い部屋や廊下に空間と眺望の錯覚を生み出します。もっとドラマチックに演出したい?壁一面を覆うようなウォールミラーをデザインしてみましょう。部屋の広さが2倍になるだけでなく、明るくなり、視覚的にも面白いシンメトリー効果が得られます。


家の外観のミラーのアイデア

鏡は家の中だけでなく、庭にも有効です。鏡があれば、小さなガーデニングスペースが広く感じられ、草花の色も映し出されます。また、日当たりの悪い場所に光を反射させることもできます。


鏡を使って部屋を明るくする

鏡を扱うときにまず稼ぐのは、光を招き入れ、拡大することで、空間をより広く、より魅力的に見せることができることです。最も重要なことは、配置がすべての違いを生むということです。

最初のステップは、既存の光源を特定することです。自然光を取り入れる窓や、人工照明器具などです。その光をできるだけ多く取り込み、部屋の中に反射させることです。

その際、鏡の大きさを考慮します。鏡が大きいと、より多くの光を反射させることができます。また、鏡の置き場所についても考えてみましょう。光源に正対している鏡は、そのまま光を反射してしまいますが、角度をつけると、部屋の他の部分に光が反射されます。

インテリアの鏡面ドアも、開ける角度によって空間の光の印象が変わるので、魅力的です。

役立つヒント、面白い解決策

ここでは、ユニークな効果を発揮する、部屋のための面白い鏡のアイデアを紹介します。

- 窓やランプの向かいに鏡を置くと、そこにある光を取り込んで増幅させることができます。

- 何か面白いものを選んで映すと、美しい作品のインパクトが倍増します。

- シンメトリー(対称性)を意識して、鏡の近くに置いたものを反射させれば、新しい形が生まれます。

- 壁掛けの鏡が天井まで続いているのは、珍しいことです。反射と再反射が魅力的です。

- 鏡を直線的に並べたり、面白い形の鏡を並べたりして、反射のヴィネットを作りましょう。

- 2つの大きな窓の間に鏡を置くと、2つの光源を結びつけ、さらにその間をドラマチックに演出することができるクリエイティブな方法です。

- また、窓の形をしたミラーを選べば、何もないところにもう一つ窓があるような錯覚に陥ります。

- フレームのデザインも重要です。重厚で凝ったフレームはお部屋を引き立てますが、ミニマルな空間には薄くて濃いフレームスタイルが適しているかもしれません。

- 鏡は絵画と同じように、額縁もカンバセーションピースとなり得ます。サンバースト、ファブリック、テキスタイルなど、部屋のインテリアに合ったフレームを探してみてください。

ミラーインテリアはわかりにくい?ミラーのデザインは、考慮し、適用し、視覚化する要素が非常に多いため、圧倒されることがあります。そこで、ルームプランナーアプリを使ってみてはいかがでしょうか?このアプリは、新しいアイデアを試してみるために、バーチャルな部屋を作成します。今すぐ無料でダウンロードし、創造を始めましょう


Download Room Planner:










閲覧数:22回

Comentarios


bottom of page