top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

The design of the hallway and hall in the apartment | Room Planner Blog

Room Planner > Blog > Tips & Tricks > Living room interior colors and their combinations

マンションの廊下・ホールのデザイン|ルームプランナーブログ

サイズや形が異なる廊下のインテリアデザイン、廊下のアレンジのススメ。フローリングやパーテーションを使ったゾーニング方法。ルームプランナーブログで全て読むことができます。

廊下のアレンジの一般的なおすすめポイント

廊下は、来客に対して家を紹介する空間であるにもかかわらず、そのデザインにあまり力を注いでいないのが現状です。外観の印象はもちろん、家に帰るたびに必ず通る場所です。美しく、心地よいデザインの廊下は、その人のこだわりや趣味を反映し、家の中で過ごす時間をより良いものにしてくれます。

では、何が「ウェルカム」の定義にふさわしいエリアなのでしょうか。ホールのデザインは、人によって個性が異なるからです。明るく陽気な性格の人なら、明るくカラフルな空間を望むでしょう。一方、控えめな性格の人は、ほのかな照明とダークなパネル張りを好むかもしれません。

しかし、どのような性格の人でも、空間に対するニーズは同じです。廊下や玄関にゆとりがあることは、便利で実用的です。靴やブーツを履くのに必要な、座るための十分なスペースが必要です。さらに、靴やアクセサリーを収納するスペースも必要です。

また、買い物袋や仕事道具をどこに置くかといった、帰宅時の問題にも配慮しましょう。後者については、常設の収納スペースを設けて、出勤時に簡単に取り出せるようにすることもできます。

小さな棚や壁に取り付けたフックは、鍵やアクセサリーなど、必要なものを必要なときに必要な場所に置くのに理想的な方法です。

廊下のフロアタイルのデザインも考えてみましょう。住んでいる場所の天候や家の床材によっては、ランナーやロングカーペットを選択することも、必要な場合もあります。この場合、床を壁と同じにするか、コントラストで目立たせるかの2つの方法があります。あなたの家の装飾スタイルによって、選択は異なります。

自宅への出入り口であるマンションの廊下のデザインは、スピリチュアルで宗教的な人々にとって特別な意味を持つことがあります。宗教的な図像、調和と繁栄のシンボル、ネガティブなものを「消す」ための鏡などは、家庭の玄関でポジティブな雰囲気をつくり、肯定的な考えを持つためによく使われるものの一部です。


狭い廊下と長い廊下:さまざまな廊下の選択肢

マンションにお住まいの方は、狭い廊下のインテリアを考えている確率が高いと思います。しかし、狭いマンションの廊下のデザインアイデアは、思ったほど制限されません。

もちろん、主な検討事項はスペースです。狭いスペースにあるマンションの廊下デザインは、ぜひ兼用家具を取り入れるべきです。例えば、靴の収納ボックスの上にクッションを置き、座椅子として使えるようにするのがいい例です。

また、長い廊下は窓が少ないため、採光を重視したインテリアデザインが必要です。そのため、人工照明を設置するのが一般的ですが、それ以外の解決策もあります。ひとつは、廊下の始点と終点に鏡を設置し、廊下に光を反射させる方法です。

長い廊下のデザインアイデアで空間の錯覚を作り出すもう一つの一般的な解決策は、明るい色を使用することです。床のタイルやカーペット、壁のペンキや絵画など、明るい色調の光は反射して廊下を照らし、実際よりも広く見せる効果があります。


他の部屋から通行人をゾーニングする方法

家のレイアウトによって、廊下と隣接するエリアを視覚的・物理的に区切る方法はさまざまです。

廊下が明確に定義されているインテリアデザインの場合、追加のゾーニング・デコレーションは必要ない場合があります。境界がはっきりしないレイアウトの場合、最もシンプルな方法として、目立つ床材を使用する方法があります。タイルを貼るのが面倒だったり、手間がかかったりする場合は、カーペットやラグで色を分けるのが手軽でおすすめです。

また、ペンキを使うのも簡単な方法です。廊下はドアと同じ色にし、隣の壁はリビングに近い色にするのです。

デザイナーの中には、アートでゾーニングを区別することを好む人もいます。廊下の壁には、アウトドアをテーマにしたアートを飾ることができます。これは個人の好みによって大きく変わるでしょう。山や鳥の写真など自然をテーマにしたものが好きな人もいれば、スポーツカーやオフロードカーの写真が好きな人もいるでしょう。

もし、解釈の幅を狭めたくないのであれば、物理的な障壁を設けてゾーニングするのもよいでしょう。最も一般的な方法は、部屋の間仕切りでしょう。廊下の採光が悪い場合は、腰高の間仕切りが有効です。

その他にも、収納棚や吊り下げ式のビーズカーテンをバリアとして使うなど、工夫が必要です。

廊下のデザインにおける照明とインテリア

廊下のデザインアイデアにおける照明の重要性については、先に触れました。適切な照明の主な目的は、居心地のよい空間と、簡単に移動できる空間をつくることです。

しかし、明るい照明とムード作りのバランスは重要です。非常に明るいエリアは陽気な雰囲気になりますが、不快に感じることもあります。さらに、明るくすればするほど、部屋の凹凸が目立つようになります。小さな擦れ跡や汚れなど、背景に溶け込んでいたはずのものが、逆に目立ってしまうのです。

天候や季節、時間帯なども空間の見え方に大きく影響するため、どの程度の明るさにするかは難しいところです。

この問題を解決するには、2つの方法が考えられます。1つは、複数の照明を設置し、それぞれを独立して制御して、必要に応じて点灯させる方法です。もうひとつは、調節可能な照明を使って、状況に応じて照明の強さを変える方法です。

また、ホールの塗装や床タイルのデザインも重要なポイントになります。明るい色であれば、より多くの光を跳ね返すことができます。タイルや壁の塗装の素材や仕上げは、さらに重要なポイントです。

廊下のインテリアデザインのアイデアをお探しですか?ルームプランナーアプリには、あなたの住まいを変える、さまざまな内廊下デザインのアイデアがあります。今すぐダウンロードして、マンションの廊下のデザインアイデアをすべて無料でご利用ください。


Download Room Planner:










閲覧数:22回

Comments


bottom of page