top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

インダストリアルスタイル:インダストリアルなテイストのインテリア|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > インダストリアルスタイル:インダストリアルなテイストのインテリア



インダストリアルスタイル インダストリアルなテイストのインテリア


あなたのアパートをインダストリアルスタイルでデザインするにはどうしたらいいのでしょうか?どんな素材や色を使えばいいのか?インダストリアルスタイルのスタイルとその違いについて、ルームプランナーブログで詳しくご紹介しています。


インダストリアルスタイルってどういう意味?


インダストリアルスタイルとは、その名の通り、本来なら工業地帯にしか見られないような要素を取り入れたスタイルです。それは以下のようなものが考えられます。

工場

倉庫

工場、倉庫、業務用厨房など。

このような場所では、美しさよりも機能が優先されるため、グレーを中心とした中間色の割合が多くなります。グレーはコンクリートがむき出しになっていることが多いのですが、建具の色であることもあります。また、レンガの赤もインダストリアルスタイルの部屋によく見られる色です。


また、壁や仕切りの数が限られている(あるいは少ない)ことも共通の特徴です。インダストリアル・シックな空間では、家具やディスプレイを間仕切りとして使い、ひとつの巨大な空間を構成していることがよくあります。このようなオープンプランのコンセプトは、空間そのものが小さい場合にはありがたいものです。


インダストリアルインテリアは、シルエットを重視したインテリアです。四角い線やブロックのような形状のものが多く見られます。実用性を重視したまとまりのある住まいになります。カーブを加えることは可能ですが、その数は少なくしてください。


インダストリアルスタイルの最もわかりやすい構成要素は、むき出しのパイプ、ダクト、梁、そして銀色の耐熱性のある布地かもしれません。これらの構造物では、すべてが削ぎ落とされ、機能的な部分だけが露出しています。また、ステンレスや鉄などの金属が大量に使われています。


木もまた、工業地帯によく見られる素材です。未完成で再生された木材がよく登場します。茶色い木の温もりや凹凸と、金属の冷たさや精密さとの対比は、無限の可能性を秘めています。


インダストリアルスタイルの始まり


インダストリアル・スタイルとデザインのトレンドは、他の多くのものよりも有機的な方法で始まりました。インテリアの分野では、建物を再利用することで自然に生まれたものです。1960年代、マンハッタンのローワーマンハッタンで、駆け出しのアーティストたちが廃屋をスタジオとして借りていたのが始まりとされています。


以前は工場などの商業施設だったこれらのスペースに入居したテナントは、その素っ気ない美観を気に入ったのだそうです。また、経済的な判断もありました。低所得者層が多く、家庭的な雰囲気で部屋を改装する余裕がなかったのです。


空間を広く見せるために壁を壊し、内部からの視線を遮るものはほとんどない。しかし、配管や梁などの機能的な要素は残している。


家賃が安いという理由で工業地帯に住んでいた彼らですが、ミニマリストのスタイルに魅力を感じる人も出てきました。普段の洗練されたインテリアとは一線を画していたのだ。


インダストリアル・スタイルがこれほど早く人気を博したのは、その直感に反するからということもある。スタイリッシュでありながら、他の人たちとは違うスタイリッシュさを求める人たちにとって、インダストリアル・シックは完璧な答えとなるはずです。

インダストリアルカラースキーム

工場の風景を想像すると、殺風景なグレーが頭に浮かびます。インダストリアルスタイルの住まいでは、木材を使ったブラウン系やタン系の色彩が多く見られます。黒と白はニュートラルな色調で、積極的に取り入れるとよいでしょう。


インダストリアルスタイルの配色は、最もニュートラルな色調をベースレイヤーとするのがよいでしょう。静かな隠れ家的な場所や、特定のオブジェに目を向けさせたい場所には、ダークな色調をプラスしましょう。


インダストリアルなインテリアデザインは、思いがけず明るい色を取り入れると効果的だと考える人もいるでしょう。また、そうでなければ地味な部屋の全体的な雰囲気を損なう可能性があることを見つける人もいます。また、男性的な印象が強い部屋を和らげるために色を取り入れるデザイナーもいます。

スタイルに正解はなく、完成したときの喜びが一番大切なのです。


インダストリアルインテリアの家具と素材


インダストリアルスタイルが部屋によって大きく異なるのは、全体のコンセプトが地味なテーマに沿って展開されているからです。


例えば、リビングルーム、ベッドルーム、キッチンは、同じインダストリアルスタイルの家具や小物で統一されています。これはインダストリアルデザインの便利なところでもあり、ほとんどすべてのものを多目的に使うことができます。さらに、壁や仕切りがないため、部屋間の物の移動も簡単です。


照明は、どんなインテリアでも大きな役割を果たしますが、インダストリアルスタイルも同じです。特に元々オフィスビルだったような空間では、床から天井まである大きな窓が特徴的なものが多くあります。


照明器具やアクセサリーも、このインダストリアルスタイルに合うものを選びましょう。シンプルに機能を追求し、長い直線を描くフロアランプのインダストリアルスタイルに挑戦してみましょう。ステンレス製のものもたくさんあります。


また、インダストリアルスタイルのシーリングファンもおすすめです。ボルトやコネクターがむき出しになった、インダストリアルスタイルの扇風機です。また、羽が大きく、部屋全体をカバーできるものもあります。壁のない空間では、追加建具を減らすことができ、個性的なインテリアを演出することができます。


インダストリアルスタイルのインテリアの核となるのは機能であり、家具はそれを忠実に反映したものでなければなりません。重厚感のあるヴィンテージ風のチェアは、この空間にしっくりとなじみます。キャスターや過度な調節レバーなどの「便利」な機能は排除してください。その代わり、背もたれのない、素材感のあるシーティングを選びましょう。


コーヒーテーブルのインダストリアルなスタイルは、直線的な長いラインで構成されることが多いようです。金属製が一般的ですが、木製のものも雰囲気を盛り上げることができます。同様に、インダストリアルインテリアのシェルフも、プリミティブで慎重な印象を与えます。前面がガラス張りのヴィンテージのラボラトリースタイルのキャビネットはとても人気があります。


アートはお部屋のアクセントになりますが、インダストリアルスタイルでは色や素材に制限があるため、表現が難しくなります。そこで、工場の機械や部品などをアートとして取り入れるのも一案です。


自動車が好きな人なら、自動車のエンジンブロックのような存在も面白いでしょう。同じように、コンクリート製の彫刻も、興味をそそる要素になります。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:52回

コメント


bottom of page