top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

インテリアのエクレクティシズム|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > インテリアのエクレクティシズム

インテリアのエクレクティシズム


エクレクティックスタイルのアパートの家具はどのようにしたらいいのでしょうか?どんな家具やカラーパレットを選べばいいのでしょうか?ルームプランナーブログで、このスタイルの歴史や特徴に触れてみてください。


エクレクティックスタイルとは?


エクレクティックスタイルとはどういう意味でしょうか?エクレクティック(eclectic)」とは、「様々なものから引き出されたもの」と定義されています。しかし、エクレクティックのデザイン定義は、ギリシャ語の語源である「eklektikos」に近く、「最良のものを選ぶ」という意味です。


エクレクティックデザインは、自分が興味を惹かれるあらゆるスタイルの中からベストなものを選び、自分のテイストやスタイル、スペースに合わせて組み合わせることができるのです。その意味で、インテリアデザインにおけるエクレクティシズムの概念は、必ずしも二人の個人が同じである必要はないのです。


それは、「正しい折衷デザイン」と「間違った折衷デザイン」が存在しないという、折衷デザインの中心的なテーマを示唆しているのです。もちろん、色や質感、並置やコントラストなど、インテリアデザインのガイドラインとなるルールは適用されます。


しかし、それらは折衷主義に固執するのではなく、全体としての美学や表現に焦点を当てたものです。

折衷主義に則ってデザインされた空間は、異質なスタイルを調和させることができます。そして、最もインパクトのあるビジュアルを実現するために、様々なアイデアを受け入れることができるのです。まだ自分の足元や表現のセンスを確立していない新進デザイナーは、折衷主義を土台にすることができます。


好奇心旺盛な実験好きにも、じっくりとした方向性にも対応できる境界の広さです。どのような道を歩むにしても、折衷主義でデザインすることで得られる自由な遊び心は、他のスタイルにはないものなのです。


エクレクティック・スタイルの歴史


ここまで「エクレクティック」という言葉のルーツに触れてきましたが、インテリアデザインにおける「エクレクティック」とはどういう意味なのでしょうか。


もともとは哲学の世界でよく使われていた言葉で、様々な異なるが確立された思想の流派から、いかに優れた教義を抽出し組み合わせることができるかを表現しています。


文学の分野では、18世紀のドイツの美術史家、ヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマンが初めて芸術的な意味で使ったと言われている。彼はこの言葉を、17世紀の画家アンニバレ・カラッチの作品に対する形容詞として使った。カラッチは、異なる時代の様式、思想、理論を組み合わせ、厳密な分類にとらわれない個性的な作品を制作したことで知られている。


19世紀末から20世紀初頭にかけて、建築は折衷主義をひとつのジャンルとして広く受け入れられるようになった。ビザンチン様式、ネオクラシック様式、ゴシックリバイバル様式といった特定の建築様式に固執する伝統から、デザイナーが脱却したのである。その代わりに、何が最も美しく、何が面白いか、何が役に立つかが重視されるようになったのである。


建築に折衷主義が取り入れられると、それがインテリアにも波及するのは必然的なことでした。インテリアデザイナーも同様に、理論に基づく型にはまったルールを拒否し、より自由なビジョンを持って空間をデザインするようになったのです。


皮肉なことに、固定観念を捨てようとした結果、折衷主義という全く新しいデザインの流儀が生まれたのである。しかし、その結果、さまざまな場所や時代のクリエイティビティを一度に鑑賞することができるようになったのです。そのことだけでも、きっと最高の価値がある。


エクレクティックスタイルの特徴


エクレクティックスタイルは、型にはまらないからこそ、さまざまなソースや影響を受けてデザインされた空間であるべきです。先ほども触れましたが、エクレクティックな空間には正解はなく、唯一ハードルとなるのは、ひとつの影響があまりにも大きな割合を占めている場合です。


ひとつは、ミクロとマクロのどちらに折衷主義を適用するかということです。エクレクティックインテリアを取り入れた住まいでは、部屋ごとに異なるスタイルを採用することもできますし、個々の部屋がさまざまな影響を受け、部屋の中の小さなスペースにも異なるソースからインスピレーションを得たインテリアを取り入れることもできます。


その答えは、あなたの折衷主義を見る目、デザインするエリアの広さや形、そしてクライアントの好みによります。その上で、折衷的なインテリアを形作ることができます。

色 - さまざまな影響を受けやすいように、エクレクティックな空間のベースカラーは、ほぼニュートラルな色にします。


家具やカーテン、ラグやアートピースなど、さまざまな柄があるのも、エクレクティックの特徴です。

アクセサリー - さまざまなサイズのアクセサリーは、どんな広さのスペースにもエクレクティックの影響を与えることができる便利なアイテムです。世界各地を旅して手に入れた小物類は、すぐに異質な雰囲気を醸し出し、エクレクティックなインテリアを後押ししてくれます。


ヴィンテージとモダン、新旧のラインやパターンの違いは、エクレクティックデザインの強い指標となります。曲線と柔らかさを好むムーブメントと、シンプルさと粘り強さを信条とするムーブメントを組み合わせます。


そして、その土台となるのが、多様なスタイルが混在しても、どれかが強調されることのないバランスです。ベースが決まれば、あとはデザイナーの腕の見せ所です。


エクレクティックスタイルで装飾するためのヒント


バラエティは人生のスパイスですが、良いものは多すぎることもあります。快適で美しいエクレクティックデコを作る鍵は、五感を圧倒しないようにすることです。積極的に異色を並べないようにしましょう。


2つの用途を持つことは、バリエーションを増やすための優れた方法です。例えば、ヴィンテージのトランクはコーヒーテーブルとして使えます。モダンなローチェアやハイテクなチェアの間に置くと、実用性を損なうことなく、セッティングに十分なバリエーションを与えることができます。


このように、さまざまなインテリアスタイルは、アートの世界と直接結びついているのです。すでにエクレクティックスタイルの空間を作っている場合は、その中に関連するアートムーブメントの作品を加えてみてください。また、あるスタイルのアートを別のスタイルの空間の中に配置することで、さらにバラエティ豊かな空間を演出することができます。


大きなコレクションをお持ちの方は、ギャラリーウォールを選択することもできます。年代順に並べたり、地域ごとに並べたり、目を引くようなパターンで並べたりするのもよいでしょう。


エクレクティックな空間を作るのは、単純にいろいろなものを組み合わせて、ベストを尽くせばいいというものではありません。ルームプランナーアプリで、ビギナーからデザイナーまで、必要なガイダンスを得ることができます。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:84回

Comments


bottom of page