top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

インテリアのレトロスタイル|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > インテリアのレトロスタイル

インテリアのレトロスタイル


レトロスタイルは現代に通用するのか?どのようなディテールや装飾要素が使われているのでしょうか?ルームプランナーブログで、レトロスタイルのすべてをお読みください。

レトロなスタイルが今、どのような意味を持つか

ノスタルジーは強力な感情であり、その力はアートやデザインのあらゆる創造的な領域で現れています。それが、1960年代から70年代のコンセプトやクリエイションを中心としたレトロデザインの魅力です。

このようなレトロの流れは、どの世代にも見られるものです。X世代が1940年代や1950年代の遺物や記念品に憧れたように、現在、レトロインテリアデザインはミレニアル世代の間で非常に人気があります。レトロなインテリアを支持する強い要因は、この時代が高品質生産の最後の時代であったことです。

80年代になると、メイド・イン・チャイナの大量生産が世界を席巻し、国際企業はデザインや品質の見直しを迫られるようになりました。大量消費社会を迎え、それ以前に購入した商品の品質が急激に低下したのです。

若い人たちは、何十年も使えるように設計された製品に魅力を感じ、レトロな時代のものの見事なつくりに感嘆しています。これは、私たちが地球環境に与えている悪影響が認識され始めた今日、特に重要なことです。前世紀中頃に作られた丈夫なものは、私たちがより良いものを作ろうと思えば作れるという証明なのです。

また、1980年代のパンク色の強い派手なデザインに比べ、控えめなデザインであることも要因のひとつです。レトロなインテリアは、よりエレガントなのです。レトロな未来型インテリアは、コンセプトこそ突飛ですが、それでもその後の10年間に比べれば、はるかにモダンなスタイルに近いものがあります。

その類似性が、モダンスタイルとレトロデザインを結びつけているのです。


レトロスタイルの主な特徴


レトロモダンのインテリアデザインは、多様なアイデアの巨大な集合体である。それは、世界の大量生産エンジンが速度を増していた時代に考え出され、多くの場所で多くの人々の多くのアイデアを結集し、統一された、しかし活気のあるセンスに貢献したものです。

また、戦争が終わったばかりで、希望と期待に満ちた時代でもありました。そのポジティブで楽観的な気持ちが、クリエイティブな作品に表れているのです。マッドメン」のような静かなエレガンスから、「オースティン・パワーズ」のようなサイケデリックなファンクネスまで、デザインの幅はさまざまです。

レトロスタイルのインテリアデザインは、柔らかな曲線や角度を多用するのが特徴です。また、未来的なデザインの特徴もあり、スペースチェアタイプの座椅子やその他の家具に見られます。金属やクロームなどの光沢のある素材もありますが、柔らかなファブリックやアースカラーの木も捨てがたいです。例えば、木製のソファフレームに布製のクッション、脚は木製かクロームメッキというのがレトロスタイルの定番です。

レトロなインテリアは、鮮やかな色彩が特徴です。戦後の落ち着いた時代とは対照的に、ネオンが氾濫した1980年代とは正反対のスタイルです。70年代のレトロインテリアは、この両者の中間を行く、遊び心にあふれたインテリアといえます。

毛足の長いラグや立体的なアートワーク、模様の浮き出た壁紙など、質感を重視したインテリアもこの時代の大きな特徴です。チェリーレッド、マスタードイエロー、サフランオレンジ、アボカドグリーンなど、レトロな色彩のインテリアが一般的です。また、サイケデリックなイメージのカラフルな渦巻き模様もよく登場します。


鮮やかな色彩と自由なレトロライン


ヴィンテージレトロのインテリアデザインは、明るくカラフルで、大きな色のブロックが部屋を細かく区切っているのが特徴です。先ほども触れましたが、レトロインテリアでは質感が大きな役割を果たします。レトロテイストの部屋の見どころは、この2つの影響を取り入れたものが多く、その組み合わせは無限に広がり、目に訴えるものがあります。

鮮やかな色彩は、それ自体も効果的ですが、白や黒といったモノトーンの背景と組み合わせることで、より効果的になります。落ち着いた背景の中に鮮やかな色彩を並べることで、視覚的に興味をそそられるのです。

この効果を得るには、とても簡単な方法があります。

- 黒や白の床には、目を引く色や形のカーペットを敷くとよいでしょう。

- 単色の壁は、面白いファブリックを使った普通の家具をポップに見せることができます。

- 壁に幾何学模様に配置されたポスターや額縁のアートが目を引く

レトロスタイルの実用的な側面として、派手さや豪華さがなくても、スタイルを体現できることが挙げられます。多額の費用をかけて壁を塗る必要がなければ、その必要はありません。その代わり、補色の面白い作品を何枚も貼ってカバーしましょう。

建具やキャビネット、プラスチック製の家具などの小物は、ブロックカラーに塗り替えると、レトロモダンなインテリアデザインにしっくりなじみます。無地の木製チェアも、ペンキを何度も塗り重ねてからラッカーを塗れば、レトロモダンインテリアの家になじみます。

幾何学的な形や色のブロックが特徴的なカーペットを適切なスタイルで使用し、過剰なメンテナンスが必要な屋内外の床をカバーしましょう。レトロデザインのインテリアのカーテンは、ほとんどの場合、更紗でできています。明るい無地の背景が、花柄の多い素材と好対照をなしています。

アパートの配置のアイデア(一般的な整理のポイント)


小物なしのレトロスタイルインテリアとは?彫像や植物は、最もレトロな雰囲気の小物として取り入れたいものです。グリーンは窓や窓辺に飾り、花はダイニングテーブルの真ん中や棚の上にオープンベースで飾れば、どの部屋でも主役になれるでしょう。

植物を飾るのが難しい場合は、彫像やスタチュエットを選ぶとよいでしょう。素材に制限はありません。ただし、あまりに古いものやアンティーク調のものは、レトロな空間では違和感があります。

レトロな時代には、プラスチック製のフィギュアや乗り物の模型、特にミリタリーやレーシングのものが大流行しました。リビングルームにガラスのショーケースを置いて、その雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょう。当時はもちろん、ミッドセンチュリー時代の模型を並べましょう。

ランプの置き場所としては、コーナーテーブルやサイドテーブルが最適です。レトロなランプには、フリンジを吊るしたデザインがよく見られます。もしそれらが手に入らない場合は、安いランプを購入して、自分で追加しましょう。

レトロな時代に育った人でないと、関連性のあるインテリアを見つけるのは難しいかもしれません。ルームプランナーアプリは、どんなスタイルでも家をデザインするための完璧なガイドです。何より、完全に無料です。ダウンロードして、今すぐレトロな家をデザインしましょう。


ルームプランナーをダウンロードする:









閲覧数:19回

Comments


bottom of page