top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

アパルトマンのインテリアにモダンフレンチシックを|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > アパルトマンのインテリアにモダンフレンチシックを

アパルトマンにフレンチインテリアを。フレンチスタイルで実施される、アパートの特徴とは?狭いアパートのインテリアでフレンチシックをすべて伝える方法:ルームプランナーブログでお役立ち情報をお届けします。


フレンチスタイルのインテリアとは?


フレンチスタイルのインテリアは、フレンチカントリーのインテリアと区別するためにパリスタイルと呼ばれることが多く、比較的モダンなテイストのインテリアと言えます。というのも、パリの街は歴史に深く根ざし、何世紀にもわたる壮大な建築物を誇っているからです。

しかし、パリジェンヌたちは、新旧を織り交ぜた独自のインテリアを創り出し、それをフレンチデザインのインテリアと呼んでいます。また、フランスは芸術の国であることから、インテリアもビジュアルアートに重きを置いていることが予想されます。しかし、パリジェンヌはその予想を裏切り、コンテンポラリーなものを好みます。

モダンフレンチのインテリアは、シンプルでありながら、洗練された美しさがあります。光の都にあるような派手さはありません。

しかし、そこには魅力的な建築のディテールがあります。例えば、高い天井を必要とする高い窓。壁面パネル、彫刻が施されたモールディング、大理石の暖炉は、ごく普通の部屋に精巧なタッチを加えています。足元にはヘリンボーンの寄木細工、アンティーク家具やアンティーク調の家具があちこちに見られます。

バルコニーの手すりや階段の手すりには、金属製のものが多く使われています。


フランスのアパートの建築的特徴


フランスの首都にある建造物の多くは17、18、19世紀に建てられたものであることを考慮し、クラシックなインテリアデザインを採用しています。このような歴史的遺産の深さは、フランスのアパルトマン全体に強い影響を与えるものとして無視することはできません。

そのため、白い大きな壁や天井から床まである羽目板など、フランスらしいインテリアが多く見られます。また、リビングルームやベッドルームに大理石のマントル(暖炉)を設置するのも、フレンチシックなインテリアの特徴です。

フレンチコンテンポラリーのインテリアデザインは、それぞれのアパートや家の歴史を考慮したものです。そのため、隣接していても、何世紀も前に建てられた建物では、まったく異なるインテリアを目にすることができます。そこで大切なのは、それぞれの空間が持つ個性と、コンテンポラリーな暮らしの実用的な要素をいかにうまく融合させるかということです。


フレンチインテリアのカラーパレット


フレンチカントリー調のインテリアは、ニュートラルな色調で構成されています。

ニュートラルカラーの明るい色調は、部屋を実際よりも広く、明るく見せる効果があることを覚えておいてください。特に、部屋の一部が暗く、簡単に(あるいは安価に)変更できない場合は、この点が重要です。例えば、ペイントできないアンティークのキャビネットや、ダークな色合いの寄木細工の床などです。

ニュートラルパレットは、どんなインテリアでもデザインを始めるときに味方になってくれる素晴らしい資産です。まず、「ニュートラル」と呼ばれるのは、他のさまざまな色と簡単に組み合わせられるからです。つまり、リフォームでもゼロから始める場合でも、調和のとれた色彩設計が可能になるのです。

また、色彩の制限が緩いため、将来的に別のスタイルにリフォームする際にも、選択肢は格段に広がります。お気に入りの家具があり、リフォームしてもそのまま使いたい。ニュートラルな色調であれば、変える必要はなさそうです。

次に、ニュートラルカラーは、フレンチカントリーモダンのインテリアデザインによく似合う、落ち着いた雰囲気の色です。あなたの個性に合うのであれば、ニュートラルなインテリアパレットは外せません。

3つ目は、ヴィンテージやアンティークのアイテムとの相性です。フレンチカントリーモダンのインテリアには、古めかしいインテリアがよく登場しますが、ニュートラルカラーはそうしたアイテムに新しい息吹を与えてくれます。


フレンチスタイルの照明


パリのクラシックなインテリアの多くを占めるヴィンテージテーマと同様に、フレンチスタイルの照明も再利用、改装、再生に重きを置いています。デザインや仕上げにアンティーク調を取り入れた照明なら、どんなものでもすんなり馴染みます。

シャンデリアは、昔の豪華な雰囲気が漂うので、フレンチスタイルのインテリアにぴったりです。シャンデリアには、本物からイミテーションまで、さまざまなデザインがあります。風化した亜鉛やオイルドブロンズ、ホワイトウォッシュされた流木などの仕上げを選ぶと、テーマに沿ったインテリアになります。

また、フレンチスタイルのインテリアにおすすめの間接照明は、ペンダントライトです。シンプルなデザインは、フレンチカントリースタイルの素朴な魅力と相性がいいのです。ペンダントライトは、天井が平らな部屋はもちろん、斜めの部屋にも設置できる万能照明です。

キッチンの調理スペースにいくつも取り付けたり、くつろぎのシーティングエリアの上に温かみのあるシェードの電球を1つだけ取り付けたりするのもおすすめです。


フランスのインテリア家具スタイル


"フレンチシックスタイルのインテリアはどうですか?"と聞かれることがあります。なるほど、確かにフレンチインテリアは過去を取り入れるものですが、うまくバランスをとっています。パリのインテリアは、美術館のように再現するのではなく、さまざまな時代のものを同じ空間に取り込みます。

それぞれのオブジェが発見や歴史の物語を語り、隅々まで個性的です。フランス人と聞いてイメージするハイファッションの世界とは異なり、モダンフレンチのインテリアは、派手さはなく、シンプルであることが重要です。

家宝、旅先の土産物や写真、ヴィンテージや修復されたもの、そして現代的なオブジェや家具が同じ部屋に置かれていることが多いのです。このスタイルを実現するための最良の方法のひとつは、それらを広く調達することです。1つの店で買い物をすると、たいてい見つかる範囲が狭くなってしまうからです。

そうすることで、パリジェンヌのインテリアに「生活感」が生まれ、生き生きとした表情が生まれます。特に魅力的なのは、「デザイン」されたものから離れることです。例えば、アートワークを壁やテーブルの上に置くのではなく、そのまま立てかけておくのです。何もない空間は、部屋に息吹を吹き込むスペースとして歓迎されます。ミニマルなアートは、そのような空間にぴったりです。

とはいえ、フレンチスタイルの空間づくりは簡単ではありません。そんなときは、「ルームプランナーアプリ」が役に立ちます。あなたのセンスを反映した部屋や家全体を作ることができ、好みの装飾スタイルのヒントを与えてくれます。無料でダウンロードして、今すぐクリエイティブになりましょう。


ルームプランナーをダウンロードする:









閲覧数:60回

Komentáře


bottom of page