top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

家の中のキッチン・ダイニングのインテリア|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > キッチン・ダイニングのインテリアデザイン


家の中のキッチン・ダイニングのインテリア

キッチンとダイニングを一体化することに意味はあるのか、どんなスタイルが理想的なのか。ルームプランナーでキッチン・ダイニングのインテリアデザインのヒントを読み、応用してみましょう。


キッチンとダイニングをつなげる特徴・メリット

オープンプランのキッチンインテリアのアイデアは、ほとんどの家庭でスタイリッシュに演出することができます。また、このようなインテリアキッチンのデザインは、通常、両方のエリアの全体像を見ることができるのが特徴です。

このオープン、風通しの良いコンセプトは絶大な人気を得ており、一般的に雑誌や映画で見ることができます。そのような露出は、それが美的レベルでスタイリッシュで望ましいように見える一方で、それに多くの実用的な利点があります。ここでは、キッチンとダイニングのインテリアデザインを組み合わせることの4つの利点をご紹介します。


相互作用

特に2人ではなくグループで参加する場合、壁やバリアは会話の大きな妨げになることがあります。特に、ホスト役の女性は、キッチンの様子をうかがいながら、会話に集中することが難しくなります。

そんな悩みを解消してくれるのが、モダンなインテリアのキッチンです。料理の最終仕上げをしながら、家族やゲストと語り合う。会話はパーティーの命。キッチンとダイニングがつながっていることは、大きな財産です。


巨大な固体はすべて光の障壁となり、壁はその最たるものです。キッチンとつながるインテリアダイニングは、壁がない分、直接光や反射光を大量に取り入れることができます。

そんなキッチンのモダンなインテリアは、自然光だけではありません。シーリングランプ、ダウンライト、ウォールシェルフ、フロアランプなど、さまざまな照明器具を使うことで、より豊かな光に包まれます。配置次第で、どちらのエリアにも対応できます。


メンテナンス

ダイニングとの垣根を取り払ったホームインテリアキッチンデザインは、その視認性を高めます。オープンコンセプトにすることで、キッチンが広く露出され、散らかりを無視することが難しくなります。

そう、これは清潔さへの「ニンジンと棒」のようなアプローチですが、効果的です。シンクに溜まった食器や、先週末のパーティーで散らかしたコンロの汚れに取り組む気にさせることができるのです。不快かもしれませんが、効果的な方法です。


監視する

散らかったものを見ることよりも大切なのは、子供たちを見守ることです。キッチンと一体化したモダンなインテリアのダイニングは、子どもが宿題をする場所として理想的です。子供たちの行動を見守れるだけでなく、必要なときに手助けができるようになります。

また、オープンなレイアウトは、周囲に心地よい雰囲気をもたらし、仕事や遊びの場所を探している子どもたちが自然と集まってくるかもしれません。オープンプランは、家族の交流と理解を深めるための素晴らしいツールなのです。



キッチンとダイニングのデザインを分ける価値はありますか?


インテリアデザインのダイニングとキッチンの組み合わせは、そのメリットもありますが、起こりうるデメリットも考慮する必要があります。


プライバシーと集中力

オープンプランのキッチンで、多くの料理愛好家が直面する最も大きな問題は、孤独感の喪失です。それはあなたの料理の特定の要素やトリックを秘密にしておきたい、またはあなたの周りにホバリングしている人々がいかに気が散る(またはイライラ!)である可能性があります。

オープンコンセプトの小さなキッチンデザインのインテリアは、会話の騒音、食器の音、またはテレビの音で気を散らすことができます。


におい

焼きたてのパンの香りは心地よいものですが、それ以外のキッチンからの匂いはどうでしょうか。オープンコンセプトのキッチンからの匂いは、番組を見たり、数学の難問に挑戦している人の気を散らすかもしれません。


食事の支度をしているとき、キッチンは家の中で最も騒がしい場所のひとつです。壁を作らないシンプルなインテリアのキッチンでは、まな板を切る音、鍋を叩く音、鍋がカウンターに落ちる音など、数えきれないほどの騒音が響きます。テレビよりも気が散ってしまうかもしれません。


暖房

風通しがよく、空調設備の整ったキッチンでない限り、部屋の熱は隣接するエリアに影響を与えやすくなります。特に暑い季節には、パーティーの雰囲気を悪くしたり、ダイニングテーブルで宿題をしようとする子どもたちの気を散らしたりする可能性があります。


ダイニングルームのあるキッチンには、どんなスタイルが適しているのでしょうか?


キッチンとダイニングが隣接している場合のインテリアデザインのアイデアとしては、オープンスペースと光を多く取り入れたスタイルがおすすめです。


そのひとつが、トランジショナルインテリアです。区分けされた伝統的なインテリアと、開放感を好むコンテンポラリースタイルを掛け合わせたようなスタイルです。床から天井までのガラスドアなど、セミオープンのバリアがあれば完璧です。


最小限の装飾にとどめたモダンなスタイルも、キッチンとダイニングが一体化した空間と相性がよいでしょう。壁を取り払ったことで、壁面がひとつ減り、開放的な空間が生まれ、このスタイルの味方になっています。


また、多様なスタイルを取り入れるエクレクティックスタイルも、オープンキッチンダイニングと相性がよいでしょう。この場合、他のエリアでは「閉じた」インテリアスタイルを維持しつつ、家の一部分では開放感のあるバリエーションを取り入れることができます。


モダンスタイルと同様に、コンテンポラリーインテリアもまた、シンプルではないインテリアを受け入れています。ドアや間仕切りを省き、キッチンとダイニングを一体化した空間には、「LESS IS MORE(少ないことは多いこと)」の考え方がぴったりです。


モダンな農家のインテリアデザインは、実用性を重視したオープンなコンセプトで知られていますが、それはキッチンドアを取り払ったこととも相通じるものがあります。キッチンの扉を取り払ったことで、インテリアはすっきりとシンプルになり、その分強い個性を保つことができます。


ダイニングキッチンのデザインのヒント


キッチンとダイニングが一体となった空間に適用できる5つのヒントをご紹介します。

- ベンチ - ダイニングテーブルでピクニックスタイルのベンチは、結合された領域に楽しさと遊び心のタッチを追加します。彼らは、特にスペースを節約するために素晴らしいです。

- ペンダントライト - 共用スペースでは、調節可能なペンダントライトが、文字通りスイッチを押すだけで、活動の中心にあるエリアにフォーカスを移すことができます。

- 窓 - 壁を取り払った分、光を取り入れることができます。

- 配置 - 「ボーダーレス」でありながら、キッチンとダイニングの間に自然な分離を作り出すのに役立ちます。ダイニングテーブルやピクニックベンチのような大きなオブジェが最適です。

- 色 - 同じ色を2つのエリアに配置することで、視覚的な結びつきが生まれます。この方法は、植物や花、そしてアートを使うことで適用できます。


まだキッチンとダイニングの組み合わせに迷っていますか?ルームプランナーアプリを使えば、現実の家も空想の家も、どんなスタイルでも、手のひらの上でデザインすることができます。今すぐ無料でお試しください。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:56回

Yorumlar


bottom of page