top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

Fusion style in the interior | Room Planner Blog

Room Planner > Blog > Interior Design > Estilo de fusão no interior | Blog do Planeador de Salas

インテリアの中のフュージョンスタイル|ルームプランナーブログ

フュージョン・スタイルの歴史はどのように始まったのか?どんな意味があり、誰のためのものなのか?フュージョンスタイルの特徴や特色は、ルームプランナーブログの記事で全て読むことができます。

フュージョンは、インテリアの中でも特に面白いスタイルの一つです。このスタイルのインテリアの魅力は、ルールを捨てるというコンセプトから生まれます。フュージョンデザインは、その性質上、教科書に載っているような「正しい」「間違っている」から解放されます。未知の世界を恐れることなく、めったに踏み出せない道の可能性を受け入れるのです。


フュージョンスタイルの歴史

フュージョンは常に付随的な概念として存在した。人々は常に異なる時代や流派の物やスタイルを混ぜ合わせてきた。しかし、フュージョン・スタイルの具体的な定義は、1980年代に考え出されたものである。それは、デザイナーが意図的に伝統を破り、カテゴライズされない組み合わせを選択した結果である。

その発想の背景には、反体制というテーマがあった。特に若者は、生活のあらゆる場面で、社会が認める規範に反抗していた。その結果は、絵画、音楽、文学、そしてもちろんインテリアデザインに至るまで、あらゆるクリエイティブな分野で現れています。

これまで「やっていい」「やってはいけない」と言われていたことが、「やっていい」「やってはいけない」と言われるようになったのです。デザイナーたちは、フュージョン・インテリアのムーブメントが起こる前には想像もしなかったようなフュージョンのアイデアに飛びつきました。そして、「フュージョン・インテリア」以前には考えられなかったような融合的な発想に、デザイナーたちは飛びついたのです。

しかし、多くの人は、このような融合に魅力を感じたのです。フュージョンデザインの家具は、多くの人の目に留まるようになり、その人気は爆発的に拡大した。フュージョン・スタイルの誕生である。


特徴と特徴

フュージョン・インテリアの基本コンセプトは、その名称にあります。フュージョン(fusion)とは、組み合わせや混合を意味する言葉です。インテリアデザインの文脈では、通常では考えられないようなアイデアを融合させ、ひとつのデザインにすることを意味します。

デザイナーにかつてないほどの自由を与えるアプローチです。学校で教わった美学や創造性の硬直した概念は、もはや通用しない。その代わりに、世界に対するより個人的な視点と、何が「美しい」のかについての認識が、それに取って代わることになったのです。

よくある誤解は、融合はカオスと同じもので、気まぐれにあらゆる決定がなされるルールのない世界だということです。それは正確ではありません。このフュージョンホームのデザインは、他のすべての学校の不可欠な部分である厳格なルールを残していますが、意図的かつ知的な方法でそれを行っています。

このフュージョンが開く最も興味深いドアのひとつは、まったく異なる時代や地域のインテリアスタイルを融合させることです。例えば、ネイティブアメリカン、インディアン、アフリカ、マヤのトライバルアートが同じ空間を共有しているのです。

しかし、基本的なシンメトリーやジオメトリーには共通点があるのです。

インテリアデザイナーが採用したい融合の切り口は無限大です。色彩を中心に、モノトーンのデザインや世界各国のオブジェを取り入れることもできます。照明器具、カーペット、彫刻、額装されたアートワーク、プリント柄、家具に円や球体を使うなど、形も自由自在です。

フュージョン360のインテリアデザインでは、デザイナー自身のイマジネーションが唯一の制限となります。


フュージョン照明

照明は、フュージョン・デザインされた空間において重要な役割を果たすことができます。現代のデザイナーは、最新の照明技術を駆使し、古くからあるクリエイティブなデザインと融合させることで、このコンセプトを実現しています。

そのため、LEDを使用した重厚なクリスタルシャンデリアが登場しています。明るさだけでなく、白熱電球に比べ発熱量も少ない。シャンデリアの下の明るい空間が、突然涼しく感じられるようになるなど、ちょっとした違いでインテリアの雰囲気がガラリと変わるのです。

また、フュージョン照明は、伝統的なスタイルが持つ気品や華やかさと、空間の居住性を高めるモダンなコンセプトが融合した、非常に実用的な照明でもあるのです。壁掛けタイプの燭台は、現代的な素材で作られているため、ほとんど手入れをする必要がなく、見た目も機能性も損なわれていません。

マルチバルブの照明は、部分的に点灯して省エネを図ったり、状況に応じてさまざまな色の光を放つように設計することができます。

デザイナーによっては、照明を使ってフュージョンインテリアの作品を照らすこともあります。例えば、バイキングのヘルメット、メキシコのソンブレロ、ロシアの熊の帽子など、一連のマスクやヘッドギアにモダンな照明を当てると、それらの良さが引き出されます。


フュージョン・アパートのデザインのためのアイデア

新旧の素材を組み合わせることで、フュージョンデザインは非常に興味深いビジュアルアイデアを生み出すことができます。アンティークウッドの落ち着いた深みのあるブラウンと、宇宙時代のスチールの輝くような光沢を重ね合わせたらどんな感じになるか。アースグレーのコンクリート彫刻に、青みがかった半透明の樹脂を埋め込んで、超現実的な風景を創り出すこともできます。

色彩は、フュージョン・スタイルの探求を続けるための理想的な方法です。伝統的なデザインのコンセプトは、通常、同じ色調やパレットを採用する傾向があることにお気づきでしょうか。フュージョン・スタイルの部屋は、目を引くような興味深い部分を意図的に作り出すことができます。

そして、その刺激的な場所と、目や心を休ませる場所とがバランスよく配置されています。1つの部屋で、これらの異なるテーマが一体となり、視覚的にも精神的にもバランスのとれた感覚をもたらします。

壁面は、大きな余白を持つキャンバスとして、アイデアを表現するのに適しています。壁をアートの年表に見立て、隣り合うフレームに異なる時代のアートワークを飾るのも、ひとつの融合方法です。

このようなコントラストを追求する一方で、テクスチャーにもこだわってみてはいかがでしょうか。インテリアのスタイルによって、なめらかな仕上げが好まれることもあれば、凹凸をアーティスティックな表現とすることもあります。タペストリーや毛足の長いカーペット、毛皮なども、光と影が織り成す面白さがあります。

フュージョンデザインにおいて、最も実用的なのは、コンセプトよりも快適さを優先させるシーティングファニチャーでしょう。アンティークのディバンと豪華なクッション、オットマン、スペースチェア、レイジーボーイなど、トラディショナルなインテリアは嫌われるかもしれませんが、最も快適なシーティングを包括的に提供することは否定できないでしょう。

フュージョン・デザインのコンセプトは複雑すぎますか?ルームプランナーアプリを使えば、ご自宅で簡単に実践することができます。無料でダウンロードして、インテリアデザインの知識を広げてください。


Download Room Planner:









閲覧数:11回

Comments


bottom of page