top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

5 ways to use natural wood in the interior of the kitchen | Room Planner Blog

Room Planner > Blog > Interior Design > 5 ways to use natural wood in the interior of the kitchen

キッチンインテリアに天然木を使う5つの方法|ルームプランナーブログ

キッチンのリノベーションを計画しているとき、あなたはいつもアイデアを集め、ある解決策が自分にとって正しいのか、他の解決策が正しいのかを疑っています。そこで、なぜキッチンスペースにウッドインテリアを取り入れるのが賢明なのか、どうすればおしゃれで快適な空間になるのか、そのヒントをご紹介します。


なぜ、キッチンデザインに天然木を使うとよいのでしょうか?

この疑問は、アイデアを受け入れる前に多くの人を悩ませ、まず他との差別化を図る。

  • 視覚効果:自然素材は、部屋に居心地の良い、温かみのある雰囲気を作り出します。なぜなら、自然素材を使ったエレメントは、どんな部屋も生き生きとさせ、木は最も快適な自然素材の一つだからです。

  • 現在、木を使ったインテリアが数多くあることを考えると、木はかなり汎用性の高い素材と言えるのではないでしょうか。キッチンの床やワークトップに木材を使用しても、本当にあらゆるスタイルにマッチします。しかし、木製の家具が苦手な方でも、天井を木製にしたり、キッチンの壁を木製にしたりと、他の要素を取り入れることで、いつでも空間を演出することができます。

  • 自然素材の話が出た以上、天然木のキッチンは、ペットを含む家族全員に環境にやさしいと言わざるを得ません。これも若いカップルが出産を控えたときの話題となる。この時期は、家を買ってリノベーションを始めるなど、大きな変化があるのが普通ですが、木を使うことは最も簡単なソリューションの一つです。

  • また、木材は耐久性に優れていることも魅力のひとつです。もちろん、キッチンに置かれる木材にとって、温度や湿度の変化が一定であることはベストな条件ではありません。

しかし、これはキッチン家具の製造過程における木材の下処理や、その所有者によるケアにも左右されます。


キッチンインテリアや照明に天然木を使う

木造住宅のインテリアは、必ずしも大きな木製家具が必要なわけではありません。小さなディテールや中くらいの要素が、居心地を良くしているのかもしれません。中には、置物や植木鉢など、単に装飾的なものもあるでしょう。また、より機能的なものもあります。そしてここでは、時計やサービングプレート、まな板、バラバラになったものを収納する大きさの違う容器や整頓するためのカゴなど、自分に合ったものを選ぶことができます。

木製の作品はより温かみのある雰囲気を演出するため、下の写真のように照明器具と組み合わせて、温かみのある光を利用することも可能です。


通常の形状のものと、より自然な形状のものがあります。電気の知識に自信があれば、自分で作ることも可能です。

そうすることで、お部屋にユニークでクリエイティブな印象を与えることができます。また、天井が木製のキッチンはもちろん、馴染みのある白い天井のキッチンにも適しています。


木製装置

木製のキッチンツールで作業することは、快適さとともに喜びでもあります。よく仕上げられた木のパーツの感触は、持ち主に何かをする喜びを与え、さらに機能的でもあるのです。例えば、焦げ付きにくい調理器具を使うなら、木の調理器具は必須です。何しろ、単純に美しいのです。

しかし、それ以外にも、木をキッチンウェアとして使っている例はたくさんあります。また、木のお皿はダイニングルームによく登場します。チーズやフルーツ、ナッツなどを盛り付けるサービングプレートや、野菜サラダを入れる普通のボウルなど、さまざまな形やタスクがあります。

また、木とガラスやプラスチックとの組み合わせもポイントです。ただ、やはりガラスは環境にやさしい素材なので、キッチン用品の安全性を考えるなら、ガラス製の容器などを使うのがよいでしょう。

ここでも木の使い方は多彩で、ほとんどのものを自分で作ったり、加工してもらったりすることができます。そして、それが何のためにあるのか、どのようなものであるべきかは、あなたの想像力だけが語ることができるのです。


木製キッチンカップボード、壁面、表面

木製キッチンのインテリアデザインで最も古典的なソリューションは、木製の家具の設置です。設置が簡単で、メンテナンスも容易、長年の使用後の修復も可能です。クリアワックス、ラッカー、ステインなど、それぞれの状況や予算に応じて最適なものを選ぶことができます。後者は木材の種類と品質に大きく依存する。

実際、ナチュラルインテリアにおける木材は、仕上げ材や広い面積の装飾に使われることが多いです。梁や天井が木製のモダンなキッチンは、それほど珍しいことではありません。梁のあるキッチンは、ややゴツゴツとした印象がありますが、梁があることで全体に力強さが感じられます。

上の写真でわかるように、「白と木」のインテリアデザインは、非常にスタイリッシュで魅力的、かつ端正であることも押さえておきたいポイントです。一方で、これらのコントラストは、このデザインの中で知的に配置された、よくできたコントラストです。一方、白と天然木の組み合わせは、とにかく相性がいい。ウッドトリムのモダンな作り方や、ウッドトリムの流行が戻ってくるかどうかでお悩みの方には、この点も押さえておいていただきたいポイントです。このコントラストを使って、安心してください。すべてが見事にシンプルなのです。

まとめると、居心地のよい家づくりのために、木を検討する価値は大いにあるということです。木造住宅のインテリア、特に木造フレームを使ったキッチンは、快適で機能的、そしてお手入れも簡単です。また、インテリアにおける木材の使い方について詳しく知りたい、今のアイデアを視覚化したいという方は、アプリ「ルームプランナー」をご利用ください。素材を使い、企画し、計算する--すべては、あなたの創造性と快適性のために。


Download Room Planner:









閲覧数:13回

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page