top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

マンション・戸建ての内装にある柱|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > マンション・戸建のインテリアにコラムを設置

マンション・戸建ての内装にある柱

モダンインテリアの柱:どんな種類の柱があり、どんな素材があるのか?ルームプランナーでは、マンションのインテリアデザインに柱を使用する際のアドバイスもご紹介しています。


建築用円柱の種類

家の中や外を飾る柱は、どんな建物にも素晴らしいアクセントを与えます。よく見てみると、柱のデザインは多種多様です。

現代建築で最もよく使われている柱のデザインは、「建築用柱5種」と呼ばれる5つのカテゴリーに分類されます。最初の3つはギリシャ系で、最後の2つはローマ系です。

  • ドーリア式 - 短く、面取りされた重い柱で、シンプルな円柱の柱頭を持つ。平らな面を持つものと、フルート(溝)を持つものがある。最初のドリス式円柱には土台がなかった。

  • イオニア式 - 5つのタイプの中で最も細い柱で、通常フルート装飾が施されているが、無地もあり得る。基部は大きく、5種類の中で最も高く、2つの対向するスクロールがある。

  • コリント式 - ギリシャの柱の中で最も新しく、また最も精巧な柱で、しばしば巻物、花、葉で装飾されている。軸はフルーテッドで、イオニア式に似ている。

  • トスカーナ式 - ドリス式と同様にシンプルで、彫刻や装飾を排した細身で質素な柱。シンプルな中に力強さを感じさせます。

  • コンポジット - ギリシャのイオニア式とコリント式の特徴を併せ持つ柱です。前者のスクロールと後者のリーフが特徴です。

これらのスタイルはそれぞれ特徴的な外観を持っており、適切な住宅設計と組み合わせることで、気品のあるタッチを加えることができます。


建築柱の素材選び

ギリシャ・ローマ時代には、柱はもっぱら大理石や花崗岩など、自然界に存在する硬い石材で作られていました。しかし、これらの素材は荷重を支えるには優れているものの、非常に重く、高価なものでした。また、その硬さゆえに加工も困難でした。

現代の住宅では、外壁や内装の柱は機能的である必要はなく、多くの建築家が純粋に装飾のために柱を設けています。そのため、柱を構成する材料に制限が少なくなっています。

デザイナーがインテリア用の柱をデザインする場合、柱の3つの部分を考慮する必要があります。

  • ベース - ベース(土台)は重量の大部分を担うため、柱の他の部分よりも大きく、幅が広くなければならない。デザイン性よりも耐圧性を重視して材料を選びます。

  • トランク - 柱の大部分はトランクで構成されています。材料は耐荷重とデザイン性を考慮して選択します。

  • キャピタル - 柱の最上部に位置し、構造体の中で最も凝った装飾が施される部分です。加工しやすい材料が選ばれる。

柱の各部分を理解したところで、材料選びを始めましょう。ここでは、インテリアの柱デザインで最も一般的な5つの選択肢を紹介します。

  • 天然石 - コストと施工の複雑さから、現在ではほとんど使われていません。豪華な住宅では力強い主張ができる。

  • コンクリート - 鉄筋コンクリートは汎用性が高く、価格も手ごろです。どんなインテリアの形やデザインにも簡単に合わせることができます。最後に仕上げを施せば、どんなデザイン、色にも変化します。

  • 金属 - デザインがシンプルで、塗装もしやすく、価格も手頃な金属は、現代のインテリア柱のデザインとして最も実現性の高い選択肢の一つです。

  • レンガ - 形状に制約がありますが、同じ素材で造られた住宅のインテリアに違和感なく溶け込みます。漆喰や塗装を施せば、さらに適応性が高まります。

  • 木材 - 強度は劣るものの、土の風合いがインテリアを引き立てます。また、精巧で複雑な模様も簡単に彫ることができます。


柱の内部および外部への適用

装飾柱インテリアであれ、化粧品としての付加価値であれ、インテリア装飾柱は部屋を日常から非日常へと変貌させることができます。床から天井までの柱は、どんな空間にも驚きと美しさを加えます。

広い部屋では、柱はゾーニングツールとして機能し、広々とした空間を、特定の活動を目的とする特定のエリアに分割することができます。また、巨大な空間を扱いやすい大きさに分割することで、インテリアのプランニングも容易になります。

インテリアコラムは、手頃な価格の素材や加工しやすい素材が揃っているため、お金をかけずに装飾性を高めることができる実用的なツールです。

外付けの柱は、通常、内部の柱よりも装飾性が低く、構造的に重要な柱です。そのため、幅が広く、重厚感のある柱になる傾向があります。一般的には、家の前面、特に車道とポーチに劇的なタッチを追加するために使用されます。

幸いなことに、今日の住宅所有者は、手頃な価格でありながら、大きな荷重に耐えられる材料を贅沢に使っています。


建築用支柱の設置

建築用柱は、内部・外部ともに軽量な構造と分割されたデザインにより、今日でははるかに容易に設置することができます。

ほとんどの場合、施工業者は簡単な鉛直線を使って、柱を設置する位置でベースと柱頭を垂直に合わせます。最終的には、多少の調整が必要な場合があります。塗装された柱の場合は簡単ですが、装飾的な要素がある場合は、特に注意が必要です。

次に、柱を構造物に取り付けるためのマウンティングプレートを使用し、Lブラケットで上下を固定します。湿気や害虫から柱を守るため、コーキングを塗布します。

この作業は、柱が重要な構造要素ではなく、装飾的な要素として使用されている場合、さらに簡単になります。亜鉛メッキの乾式壁用ネジと建設用の接着剤で、柱を建物に取り付けます。

どちらの場合も、2人がかりで半日ほどで設置が完了します。


アパートのインテリアデザインで柱を使うコツ

先ほども触れましたが、柱は広い室内をゾーン分けするのにとても有効な手段です。また、それ以外にも実用的なインテリアとして活用することができます。

  • カバー - 配管やケーブルなど、部屋の中で見苦しい部分を隠すことができます。

  • 実用的な使い方 - 広い空間をミニウォールとして利用し、テレビやアートワークを設置することができます。

  • アテンション - 壮大な仕掛けのある柱を中心に注目を集める

他にも応用できる柱の使い方はたくさんあります。無料のルームプランナーアプリで学んでみてください。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:61回

Comments


bottom of page