top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

リビングのインテリアカラーとその組み合わせ|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > ヒントとコツ > リビングのインテリアカラーとその組み合わせ


リビングのインテリアカラーとその組み合わせ


色選びの基本ルールとは?リビングルームに最適な色とは?考えられるすべての色の組み合わせ、面白いパターンをルームプランナーブログで紹介しています。

ほとんどの家庭で、リビングルームは活動の中心であり、居住者がほとんどの時間を過ごす場所です(自分の部屋以外)。しかし、寝室のようなプライベートな空間とは異なり、リビングルームはゲストをもてなす場所でもあります。住宅を設計する際、リビングルームのインテリアペイントカラーは、その用途の多様性も考慮する必要があります。

リビングルームのインテリアカラーインテリアデザインのトレンド2022は、このような用途の広さを取り入れたものです。しかし、リビングルームのインテリアペイントカラーの配色は、選択肢が多すぎてなかなか決まらないこともあります。

今回は、リビングのインテリアカラーの基本をはじめ、テクスチャーやパターンなど、生き甲斐のある空間づくりに役立つ情報を探っていきます。

色選びの基本ルール

カラーパレットを選ぶことは、簡単なようで難しいものです。シンプルなのは、従うことのできるガイドがたくさんあるからです。しかし、あまりにも多くのガイドがあり、その多くが互いに矛盾しているため、難しくもあります。

ここでは、リビングルームのインテリアカラーを選ぶための基本的なガイドラインをご紹介します。それぞれの背景にある本質的な論理に従いつつ、自分の家、家族、場所、個性に合わせればいいのです。

トレンドは一時的なもの

まず覚えておいていただきたいのは、色のトレンドは移り変わるものですが、そのたびにリビングルームのインテリアペイントの色を塗り替えることはほとんどないということです。最も明白な理由は、それだけであまりにも高価であるということです。

そこで、今流行っているインテリアペイントのパレットに従うのではなく、あなたが好きな色をベースに選びましょう。この色相の範囲が、あなたのインテリアペイントプランのベースとなるのです。月日が経つにつれ、色調を変えていくことができます。


色彩理論を活用する

これはアーティストやデザイナーが使う空想の概念に思えるかもしれませんが、素人でも自分用にアレンジできるものなのです。まず必要なのは、カラーホイールです。オンラインで簡単に見ることができますが、物理的なバージョンを購入したり、ペイントショップで無料で手に入れることもできます。

カラーホイールを回すことで、どの色が互いに作用し、どの色が作用しないかを見ることができます。カラーホイールはシンプルで、おそらくあなたが検討しているすべての色合いを持っていないでしょう。しかし、リビングルームのインテリアカラーを選ぶ際に、アイデアを得たり、大きな失敗を避けるための安価な方法なのです。


60-30-10の法則

60-30-10は、リビングルームのインテリア配色の定番比率のひとつです。これは、空間内で使用する色の相対的な割合を指します。

壁やカーペットなどの大きな装飾品、ソファなどの大きな家具に使われるメインカラーは、部屋の表面の60%を占めるようにしましょう。セカンダリーカラーは、独立した椅子やカーテンなどの小さなもの、そしておそらくアクセントウォールをカバーし、空間の30パーセントを割り当てます。

10パーセントはアクセントカラーに割り当てます。部屋の他の部分とは対照的な、個性的な色の注入を行うための最小限のオブジェクトです。アクセサリー、アートワーク、リネンなどが実用的なアクセントアイテムです。

もちろん、これは厳密なルールではなく、多くのデザイナーは60-30-10-10のアプローチでより多くのアクセントを加えています。好みに合わせて比率を調整してください。


質感や柄の選択

空間に陰影をつけるには、光と影の相互作用を利用する方法があります。単色で構成された立体的なオブジェは、その表面に光が当たることで、いくつもの陰影を生み出すことができます。この奥行きが、リビングルームのインテリアカラーに繊細な美しさをもたらします。

この効果を最も発揮しやすいのは、カーテンや椅子張り、タペストリーなどのファブリックです。ウール、シルク、ベルベット、サテンなど、さまざまな素材が効果的です。また、木や金属などの自然素材もテクスチャーとして効果的です。コンクリートや壁のテクスチャーも効果的です。また、時を経たアンティークの家具も効果的です。

また、テクスチャーは明るい部分と暗い部分がある方がよく見えるので、照明も工夫してみましょう。リビングのインテリアカラーとの組み合わせで面白いのは、照明を斜めに設置することです。

リビングルームのインテリアカラーは、ミクロとマクロの両方でパターンを活用することができます。

小さいスケールでは、リビングルームに飾るアートワークの一部としてパターンを使用することができます。最近の薄型テレビには、画面をキャンバスに見立て、映像を映し出す機能がついているものが多くあります。それらを使って、普段は使えない壁のスペースにパターンを作ってみましょう。

しかし、ほとんどの家庭では、ラグやクッションなどの装飾品で柄を表現し、ミクロのレベルでインテリアに柄を加えています。

リビングルームのインテリアカラーでマクロなパターンというのは、アート作品のフレームやセットのチェア、ランナーやラグを意図的に配置するようなアイデアを指します。同じような額縁を斜めに並べたり、面白い形にしたりするのは、まず間違いなく最も一般的な方法です。


リビングルームのラッキーカラーとその組み合わせ

2022年のトレンドは、この2年間の混乱と危機を乗り越え、前向きで楽観的な姿勢を示す明るい色です。イエロー、オレンジ、ブルーは、夏を連想させ、暖かみをもたらし、人と人との明るい交流を促します。

このような鮮やかで軽やかな色調と、ブラック、チョコレート、チャコールなどの落ち着いた色調を対比させると、モダンな雰囲気になります。

これらの色の鮮やかさが苦手な方は、パステルカラーもおすすめです。ブルー、グリーン、ピンクなどの優しい色調は、落ち着きがあり、また汎用性があります。ニュートラルカラーと組み合わせると、より効果的です。

また、鮮やかなピンクや赤など、意外性のある色でアクセントをつけると、遊び心も生まれます。

リビングルームのインテリアカラーの組み合わせを考えるのは、特にアートやデザインに精通していない人にとっては、大変な作業です。ルームプランナーアプリを使えば、そんな苦労は必要ありません。今すぐ無料でダウンロードしてお使いください。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:44回

댓글


bottom of page