top of page
  • 執筆者の写真Room Planner Team

ヴィンテージスタイルのインテリア|ルームプランナーブログ

ルームプランナー > ブログ > インテリア・デザイン > ヴィンテージスタイルのインテリア


ヴィンテージスタイルのインテリア


インテリアにヴィンテージスタイルを。ヴィンテージの人気と好みは?マンションデザインのアイデアが満載のルームプランナーブログで、ヴィンテージの重要な考え方や構成要素についてご紹介しています。


ヴィンテージの人気と好みは?


ヴィンテージ」とは、「過去に作られた」という意味です。もともとはワイン造りの用語で、ワインの原料となるブドウが収穫された年を指していました。ヴィンテージインテリアは、20年前から100年前までの過去のテーマやモノを取り入れたインテリアデザインです。


ヴィンテージモダンは、古いものと新しいものを融合させたユニークなインテリアとして、高い人気を誇っています。幅広い層から支持されていますが、最も熱狂的な支持者は、大きく2つに分けられます。

ひとつは、子どもの頃や若い頃を思い出すようなヴィンテージデザインを好む年配の人たち。過去とのつながりは、思い出を語ることでもあり、心に特別な位置を占める年齢を祝うことでもあるのです。

もうひとつは、特定の時代に親近感を抱く若い人たちです。彼らは、現代にはない趣のあるデザインやカラーパレットが好きなのかもしれません。このような人たちの多くは、現状に反抗し、同世代の人たちと同じトレンドやファッションを取り入れることに抵抗がある人たちです。


デザインヴィンテージが広く支持されている理由のひとつは、さまざまなデザインの住宅に簡単に取り入れることができることです。家全体をヴィンテージスタイルでデザインすることはなくても、部屋のハイライトとして小さな要素を気軽に取り入れる人がほとんどでしょう。

出現の歴史


ヴィンテージデザインのインテリアが台頭してきたのは、21世紀の変わり目と重なります。当時、モダンなミニマルスタイルが流行したのは、そのラインとスタイルが、現在進行中の技術革命と相性が良かったからです。しかし、あからさまなミニマリズムは万人受けするものではなく、かつてのような精巧な曲線美を好む人も少なくありませんでした。


ヴィンテージのインテリアやデザインは流行遅れのため、店頭ではなかなか手に入りません。当時のヴィンテージファンは、インテリアショップではなく、古着屋やジャンクヤードを探すのが常でした。ヴィンテージアクセサリーの個性は、こうした場所での偶然の出会いから生まれるのです。

このような非日常的な空間づくりが、アーティスティックな人たちを惹きつけたのです。ヴィンテージアクセサリーの誕生から間もなく、流行を生み出す個性的な人たちがヴィンテージスタイルを好むことに気づき始めました。そして、ヴィンテージは「クール」な存在になったのです。


それまで古着屋でしか手に入らなかったアイテムが、ハイエンドなデザイナーに取り上げられるようになったのです。価格も高騰し、高級レストランやショップ、そして自宅にもヴィンテージが取り入れられるようになったのです。

主なスタイルアイデア


ヴィンテージデザインの重要なスタイルアイデアは、それが考案された時代の共通性に対応するものです。また、「ヴィンテージ」という言葉が指す時代も広いため、その要素も多岐にわたります。

ヴィンテージスタイルの真骨頂は、本物のアクセサリーです。例えば、洗面所のドアに貼られたヴィンテージのバスルームサインや、革製のトラベルチェスト、重厚なグランドクロックなど、シンプルなものでもよいでしょう。


また、本物らしさはディテールにも宿ります。ヴィンテージスタイルには、クリーンでスマートなラインは似合いません。その代わりに、表面や角の欠けなど、時間の経過を感じさせるディテールが必要なのです。


また、壁紙もヴィンテージの特徴です。その柄は、見せたい時代によって異なります。背景となる色彩はニュートラル。花柄や直線的で平行なラインも効果的です。1950年代風には、壁のタイルをモザイク状にするのもよいでしょう。


ヴィンテージの構成要素


素材

ヴィンテージ・ムーブメントはテクノロジーの時代に先駆けて、当時の最先端素材の多くへの反発から生まれました。そのため、ヴィンテージのインテリアには、伝統的な素材である木と、磨かれていない金属が多く使われています。

特に前者は、木の持つ土の温もりと、茶色の色合い、質感がヴィンテージインテリアによく合います。テーブルやチェアのほか、シェルフやフローリングなどでもよく見かけます。時代によって、直線的でシンプルなラインや精巧な彫刻が施されているものもあります。


アクセサリー

ヴィンテージの最もあからさまなサインのひとつは、萌芽的なテクノロジーが大きく描かれていることです。オーディオ機器について考えてみましょう。蓄音機から高さ3mを超える独立型スピーカーまで、すべてが巨大でした。また、この時代のコンピュータ機器は、非常にスタイリッシュであるだけでなく、需要が高いため、値が張る可能性があります。

冷蔵庫などの家電製品は、メタリックのプレーンな仕上げ。フェイクヴィンテージは、先進的な素材を使いながら、1950年代によく見られたステンレススチールや磨き上げられた金属のようなコーティングで仕上げられています。


照明

ヴィンテージと呼ばれる時代の照明は、直火か従来の電球だけでした。どちらも黄色やオレンジの温かい光を放つ光源です。ヴィンテージ照明には、シンプルな燭台から凝ったシャンデリアまで、さまざまな照明器具があります。

ヴィンテージ感を損なわず、単調さを解消するために、涼しげな白色光を取り入れるのもよいでしょう。

ヴィンテージスタイルの家具をそろえるアイデア


ヴィンテージ好きにとって幸運なのは、このスタイルが多様なコンセプトをカバーしていることで、同じようにインテリアの選択肢も多様になるからです。家全体をヴィンテージスタイルにする場合、各部屋をそれぞれのスタイルにするのもひとつの方法です。


また、各部屋を10年単位で見ていくのも、歴史に詳しい人にとっては魅力的な旅になるでしょう。

ダイニングルームは、直線的でエレガントな雰囲気のあるコロニアルスタイルに。図書館のような知的な空間は、発見と発明の時代と重なることから、ヴィクトリアンスタイルが理想的です。


ダイニングやキッチンは、派手な装飾で知られるタイタニック号からヒントを得ています。ベッドルームは、1920年代に流行したアールデコ様式を取り入れるのに理想的な場所です。金色の建具、ユニークなアートスタイル、すっきりとしたラインは、家の中の最高の隠れ家となります。

これらのスペースは、それぞれ独自性を持ちながら、過ぎ去った時代の魔法を封じ込めることができます。

ルームプランナーアプリは、インテリアのヴィンテージスタイルをシンプルにします。現実の家も、空想の家も、すべて手のひらの上でデザインすることができるのです。今すぐ無料でお試しください。


ルームプランナーをダウンロードする:










閲覧数:19回

Opmerkingen


bottom of page